アイ・エヌ情報センター



わたしたちは経済・金融データサービスのエキスパートです

English

サイトマップ

よくあるご質問

採用情報


ホーム

ファイナンスデータサービス

経済統計データサービス

会社情報

お問い合わせ


INISトップ > よくあるご質問 > 債券・株式DBについて
よくあるご質問

アイ・エヌ情報センターについて
債券・株式DBについて
経済・産業統計DBについて



債券・株式DBについて
全般 | その他 |
よくあるご質問

全般

Q:
どのような方が利用していますか?
Q:
サービスのユーザビリティは?
Q:
動作環境はどうなっていますか?
Q:
海外でも利用できますか?

その他

Q:
サポート体制はどうなっていますか?
Q:
ファイナンス市場全体の状況を定期的に把握したいのですが?

よくあるご質問とそのこたえ

全般

Q:
どのような方が利用していますか?
A.

Viewシリーズ…投資銀行業務や企業金融業務のご担当者様で顧客折衝にあたるフロントラインの方にご利用いただいてます。
Funding Eye…資本政策スキーム検討を行うエキスパートの方、営業戦略策定を行う企画プロフェッショナルの方にご利用いただいてます。



Q:
サービスのユーザビリティは?
A.

Viewシリーズ…必要な情報をスピーディーかつ簡単に検索できるよう、ユーザビリティの確保に努めています。
Funding Eye…資本市場を見るツールとして、試行錯誤しながら操作をしていただけます。集計したい条件等をお客様側で任意に加工していただけ、瞬時に結果を見ることが可能です。

※ご要望があれば、インストラクション、説明会を随時開催いたします。お気軽にお問合せください。



Q:
動作環境はどうなっていますか?
A.

Funding Eye、Funding ViewシリーズともWebサービスとしてご提供しておりますので、インターネットが利用できる環境であればご利用いただけます。



Q:
海外でも利用できますか?
A.

Funding Viewと自己株Viewについては海外でもご利用できます。ただし、日本語に対応しているブラウザが必要です。



その他

Q:
サポート体制はどうなっていますか?
A.

ファイナンス業務に精通した専門のスタッフが様々なご質問にお答えいたします。
尚、お問合せは、基本的にメールにて対応させていただきます。



Q:
ファイナンス市場全体の状況を定期的に把握したいのですが?
A.

ViewシリーズやFunding Eyeを利用すれば、様々な角度から資本市場の分析を行うことができます。
また、当社では独自に発行市場全体のリサーチレポートを定期発行しております。ご覧になりたい方はお気軽にお問い合わせください。



よくあるご質問 | アイ・エヌ情報センターについて | 債券・株式DBについて | 経済・産業統計DBについて 
INIS
ご利用規約 プライバシーポリシー
COPYRIGHT(C)2005 I-N INFORMATION SYSTEMS,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.