INDB 大規模統計Finder

学術・研究機関において必須となる主要な基礎統計データを
オンラインデータベースとしてご利用いただけるWebツールです。

INDB 大規模統計Finderの特長

point1ロケーションフリーなので、時間と場所を選ばずに知的業務をサポート

ロケーションフリーなので、時間と場所を選ばずに知的業務をサポート
  • 大学図書館やメディアセンター、PCルーム等、インターネットへアクセスできればどこでも利用できます。
  • 講義時間、研究室や自宅で、また大学外での研究プロジェクトや出張先で、というように、あらゆるシチュエーションでの教育・研究活動で活用できます。

point2直観的な操作で必要なデータを取得、論文やレポート作成のパフォーマンス向上に

直観的な操作で必要なデータを取得、論文やレポート作成のパフォーマンス向上に
  • 初学者から専門の研究者の利用を想定し、ユーザーインターフェースは直観的な操作を重視しました。
  • 統計データの検索・選定・ダウンロード・分析・論文作成までのプロセスもスムーズになります。
  • データは時系列で取得可能。地域や分類の変更等にも対応していますので、長期トレンドの分析でも余計な労力を要しません。

point3さまざまな角度からの分析をサポートする検索機能を搭載

さまざまな角度からの分析をサポートする検索機能を搭載
  • 通常のインデックス検索だけでなく、キーワード検索をすると複数の統計書から関連するデータを横断的に抽出でき、探索的なアプローチも可能です。
  • アウトプットはCSV形式なので、Excel等への図表展開から大量なデータ処理にも対応できます。

point4統計書の電子化によりスペースを圧縮でき、管理業務も効率化

統計書の電子化によりスペースを圧縮でき、管理業務も効率化
  • 大規模統計Finderで収録している情報量は、統計書にすると約2,000冊分超。サービス導入により貸出用の書庫スペースを大幅に節減することができます。
  • 書籍のように貸出・保管の手間が省けるので、図書館業務の管理コスト低減等、さまざまなベネフィットを生み出します。

パンフレット

パンフレットをダウンロードできます。(PDF:5.53MB)

主な機能

  • データ検索

    データ検索

    • 統計書からの検索
    • キーワードによる統計横断検索
  • 数値取得

    数値取得

    • 数値取得まで3ステップ
    • CSV形式出力
  • 充実したサポート機能

    充実したサポート機能

    • 操作手引き
    • 動画・PDFマニュアル

収録コンテンツ

  • 収録開始

    主に1980年以降

  • 収録対象1

    国勢調査

    経済センサス

    工業統計表

    商業統計表

  • 収録対象2

    家計調査

    全国消費実態調査

    小売物価統計調査

    他3種

  • 統計書換算

    約2,000冊超

データカバレッジ

国勢調査

  • 人口等基本集計:昭和60年(1985年)以降
  • 就業状態等基本集計:昭和60年(1985年)以降
  • 従業地・通学地による人口・就業状態等集計:昭和55年(1980年)以降

経済センサス

  • 基礎調査:平成21年(2009年)以降
  • 活動調査:平成24年(2012年)以降

工業統計表

  • 産業編、品目編、市区町村編、産業細分類別・都道府県別統計表:昭和60年(1985年)以降
  • 用地用水編、工業地区編、企業統計編:昭和61年(1986年)以降

商業統計表

  • 産業編、品目編、流通経路別統計編、業態別統計編、大規模小売店舗統計編:昭和60年(1985年)以降
  • 立地環境特性別統計編(小売業):平成3年(1991年)以降

家計調査

  • 家計収支編:昭和62年(1987年)以降
  • 貯蓄・負債編:平成14年(2002年)以降

小売物価統計調査

  • 動向編:平成3年 (1991年)以降
  • 構造編:平成25年(2013年)以降

全国消費実態調査

  • 家計収支編、品目編、貯蓄・負債編、主要耐久消費財編、特定世帯編:昭和59年(1984年)以降
  • 家計資産編:平成6年(1994年)以降

事業所・企業統計調査

平成8年(1996年)以降(2006年で調査中止)

全国物価統計調査

昭和62年(1987年)以降(2007年で調査中止)

サービス業基本調査

平成元年(1989年)以降(2004年で調査中止)